臨床経験を積んだドクター

  • 優ビル歯科医院
  • 上志津中央歯科

優ビル歯科医院

上志津中央歯科

林 揚春

略歴
1979年
日本大学松戸歯学部卒業
1979~1983年
IDA(国際デンタルアカデミー)勤務
1983~1985年
河津歯科医院勤務
1983年
上志津中央歯科 開業
1986年
優ビル歯科医院 開業
1986年
医療法人社団 秀飛会 理事長就任
所属団体 日本大学客員教授
日本ピエゾ臨床研究会会長
日本口腔インプラント学会
日本顎咬合学会
顎咬合学会(指導医)
ICOI diplomate
スタディグループFIDI

論文

  • 前歯部インプラントを美しくする条件(2001),インプラントジャーナル
  • インプラントのための新しいテクニック―ソケットリフトおよび歯槽頂アプローチによるサイナスリフトの有用性(2001),インプラントジャーナル
  • 歯槽頂分割法を用いた水平的歯槽堤増大(2002),インプラントジャーナル
  • 抜歯待時から抜歯即時埋入インプラントへ―上顎前歯部単独インプラント 審美性を得る診断の鍵―(2003),インプラントジャーナル
  • オステオトームテクニック―オステオトームを用いたサイナスフロアエレベーション―(2003),インプラントジャーナル
  • 自然治癒を考慮した抜歯即時埋入インプラント―成功のための診断基準とアプローチ法―(2004),インプラントジャーナル
  • Implants、共著(2004),医歯薬出版
  • GFR法を適応基準に考える。―Using membrane VS Natural healing―(2005),インプラントジャーナル
  • インプラントにおけるMinimum Invasive Surgeryの確立(2006),デンタルダイヤモンド
  • これからのインプラント治療―抜歯即時埋入の臨床(2007),歯界展望
  • Immediate Implantology、共著(2007),ゼニス出版

書籍

歯の欠損から始まる病気のドミノ ―命の質と量を守るためのインプラント治療―

歯の欠損から始まる病気のドミノ

執筆:武田 孝之、林 揚春
体裁:A4判変型
定価:2,940円(本体2,800円+税) 編集・発行:医歯薬出版株式会社

健康長寿のために、なぜ“歯の健康”が大切なのかをわかりやすく解説したビジュアルブック!

肥満からメタボリックシンドロームへ、そして重篤な疾患へとドミノ倒しのようにならないために、私たちは何をしたらよいのでしょうか? 自分の健康は自分で守るものであり、そのための第一歩として“歯の健康”を保つことがとても大切です。そのことを患者さんにお伝えすることも、歯科医師としての大事な役割です。

本書では、全身の健康と歯の役割、そして欠損が生じてしまった場合の適切な対応の仕方を写真とイラストを用いてわかりやすく解説しています。歯の欠損があっても、体への負担が少なく効果的な機能回復ができる時代です。健康で楽しい生活を長く送るために、患者さんとともに歯科医療従事者ができることを考えていくきっかけとなる一冊です。

―目次―

インプラント治療を30年してきて思ったこと

  • つい、走っちゃいました - 患者さんのエピソードから
  • あれから、太っちゃいました - 患者さんのエピソードから
  • なぜ太っていてはいけないの?
  • メタボリックドミノ - あなたのBMIはいくつ?
  • 全身の健康と歯科治療との関係
  • 現代の食事の問題点 - 早食い・丸飲みは肥満の原因
  • バランスよく食べるためには歯が大事
  • 転ばないためにも歯が大事
  • 認知症の予防にも歯が大事
  • 歯周病と肥満と糖尿病の関係
  • 歯の欠損から死のドミノに向かわせないために
  • 年齢と問題に応じた治療方針
  • 患者さんの負担の少ないインプラント
  • 医療費と健康行動 - あとがきにかえて

など

MAXILLA-ORIENTED IMPLANTOLOGY

MAXILLA-ORIENTED IMPLANTOLOGY

執筆:林 揚春、武田 孝之、桜井 保幸、森田 耕造
体裁:A4判変型
定価:23,100円(本体22,000円+税)
編集・発行:ゼニス出版

歯は栄養器官の重要な構成要素である。歯が多数存在し、咬合、下顎位が安定し、機能が維持されていることは栄養、運動、精神面において直接、間接的に関与している。それゆえ、8020運動の達成は国民のQOLの維持のために大きく寄与するが、一方で種々の理由から多数歯を喪失してしまった患者に対する健康回復も歯科従事者として重要な課題である。

日本は世界に類を見ないスピードで超高齢社会に突入してしまったが、歯の寿命は生命ほど長くなっておらず欠損に対する回復と天然歯への対応をよく考えねばならない。さらに、メタボリックシンドロームに代表されるように生活習慣に起因する問題が重篤な疾患に直接関与していることも認知されており、可及的早期に生活習慣を改善することが健康で長生きすることに直結している。インプラント補綴を行いよく噛めるということは全身的な健康に大きく寄与できる可能性を手にすることができる。

「食べることは生きること」であり、特に高齢者においてはその重要性が増すために、よく噛むことの重要性を歯科医師が説き、歯科衛生士が患者の肩をたたきながら実際に指導していくことこそが、今行うべきことである。特に多数歯欠損、無歯顎症例におけるインプラント補綴の役割は咀嚼機能の回復とその上に成り立つ生活習慣の改善にあることを肝に銘じていただきたい。

現在のインプラント治療のスタンダードをこの一冊を通して、実感していただき、安全に実践していただきたい。なによりも先生方の目の前の患者のために。

月刊 審美領域の抜歯即時埋入インプラント

月刊 審美領域の抜歯即時埋入インプラント

著者:林 揚春 / デンタルダイヤモンド社

抜歯と同時のインプラント埋入は1回の外科的処置で終了するなど多くの利点がある。本書は、審美領域での抜歯即時埋入の原則、および単独歯から多数歯までの臨床例を通して、治療計画から最終補綴物装着までのキーポイントを解説。

―目次―

  • 審美領域の抜歯即時埋入
  • 抜歯即時埋入の原則
  • インプラントの選択
  • 審美領域の抜歯即時埋入の実際
  • 単独歯抜歯即時埋入ケース

1)根尖部開窓
2)ハイリップでの裂開
3)唇側裂開

  • 多数歯抜歯即時埋入ケース

1)重度歯周炎における多数歯抜歯即時埋入(過蓋咬合を伴った上顎前突)
2)上顎多数歯抜歯即時埋入、即時荷重
3)唇側歯槽骨の吸収を抑制するために、天然歯の歯根を歯肉縁下で保存した多数歯即時埋入、即時荷重

など

イミディエートインプラントロジー

イミディエートインプラントロジー

編集:林 揚春、武田 孝之
執筆:荒垣 一彦、上原 芳樹、木原 敏裕、桜井 保幸、武田 孝之、林 揚春、桝屋 順一、森田耕造 / ゼニス出版

世界標準のエビデンスを取り入れながらも骨格系に劣る日本人へのインプラント臨床を念頭に置いた「日本人の、日本人による、日本人のための」一冊。

―目次―

  • Stage1:臨床におけるインプラントの位置づけとこれからの臨床的方向性
  • Stage2:抜歯即時埋入インプラントの適応基準を考える―Using Membrane VS Natural Healing―
  • Stage3:抜歯即時埋入インプラントにおけるインプラントポジションと補綴形態の重要性

など

玉川 秀樹

秤屋 尚生

略歴
昭和60年
明海大学歯学部 卒業
昭和61~63年
IDA(国際デンタルアカデミー )勤務
昭和64年~
上志津中央歯科 勤務
平成元年~
上志津中央歯科 院長
所属団体 日本顎咬合学会 会員・認定医
日本老年歯科医学会 会員
佐倉市在宅歯科推進協議会 委員
同小委員会 委員長
佐倉市 介護認定審査会 委員
上志津中学校・西志津中学校 校医

書籍

DENTAL DIAMOND 2008年 6月号 デンタルダイヤモンド社

DENTAL DIAMOND 2008年 6月号

  • 実践歯学ライブラリー
  • 口腔の病態を診る
  • 歯科臨床次の一手
  • 成功事例からよむ歯科医院経営
  • “NO”と言われないための保険請求テクニック
  • すぐに役立つ保険請求
  • Dd診断力てすと
  • rinsho.com
    患者主体の治療をめざして
    ──1症例を通して見えてきたもの
    秤屋尚生

など

始めて、学んで、MTM デンタルダイヤモンド社

始めて、学んで、MTM

MTMの症例紹介だけではなく、不正咬合の状態や必要とされる歯牙移動の様式に応じて、明日から使えるテクニックを具体的に紹介。

―目次―

序章 MTM を始める前に
矯正に必要な歯牙移動の力学/一般開業医が選んだ MTM スターターキット

第1章 成人における MTM
制約の多い成人に MTM を行うためのポイント/矯正的挺出/補綴処置の欠点を補う圧下によるアプローチ/他3テーマ

第2章 第1期治療における MTM
乳歯列期および混合歯列期の MTM/骨格性反対咬合の早期初期治療/乳歯列期・混合歯列期の反対咬合治療/上顎前突の MTM--固定型バイトブロックタイプの切歯斜面板の応用/他8テーマ

など