インプラント治療の手術について|欠損ドミノを防ぐ!健康になるためのインプラント治療|新宿区・佐倉市

インプラント治療の手術について インプラント治療の手術について

  • 優ビル歯科医院
  • 上志津中央歯科

インプラントについて インプラントについて

インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分の顎の骨にチタン性の人工歯根(インプラント)を埋め込む手術を行い、その上にセラミック製の人工歯を取り付けて、咬む機能を取り戻す治療です。インプラントが顎の骨にきっちりと結合するため、まるで天然歯のままのような咬み心地が手に入ります。

従来歯を失ってしまったときには、入れ歯やブリッジといった治療しかありませんでした。これらの治療は、咬みにくい、痛い、ずれる、また見た目が気になるなどといった不満が生じがちであり、さらには支える健康な歯を傷めてしまうという問題点もありました。しかしインプラントなら、失った歯単独での治療となるため、周りの歯に負担をかけることもありません。もちろん見た目の美しさも大きなメリット。インプラント治療を選択できる現代は、とても恵まれた時代であるといえるでしょう。

※左右にスクロールすることができます。

 

インプラント

インプラント

入れ歯(保険適用の場合)

入れ歯(保険適用の場合)

ブリッジ

ブリッジ
  歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。 1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。 横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。
メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬い物でもしっかり咬める
  • 周囲の歯を傷付けたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり咬むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

おすすめの治療 ~抜歯即時埋入インプラント~おすすめの治療 ~抜歯即時埋入インプラント~

インプラント治療を行う場合、従来は抜歯を行ってからインプラントを埋め込むまで、その部分の傷口が治癒するのを待たなければなりませんでした。

しかし近年では、抜歯したその場でインプラントを埋め込む「抜歯即時埋入インプラント」という治療法が登場しています。手術が1回で済むのはもちろん治療期間を大幅に短縮できるこの方法は、まだ行える医院がかぎられているのが現状ですが、私たちはこの「抜歯即時埋入インプラント」を早くから取り入れており、多くの実績を持っています。メリットの多い「抜歯即時埋入インプラント」。私たちは自信を持って、皆様におすすめします。
»抜歯即時埋入インプラントについてくわしくはこちら

ボーングラフト(骨移植) ボーングラフト(骨移植)

顎の骨が薄くなっている部分に自家骨を移植する方法。周囲の隙間には、細かく砕いた自家骨や骨補てん材を詰め、骨の厚みを確保します。

GBR法(骨再生誘導法) GBR法(骨再生誘導法)

骨が不足している部分に「メンブレン」という膜を入れて骨が再生できるスペースを確保し、自家骨や骨補てん材を詰めて、骨の再生を促す方法。

サイナスリフト(上顎洞挙上術) サイナスリフト(上顎洞挙上術)

上顎の骨が不足している場合に行う方法。上顎洞底を押し上げ、上顎洞に自家骨や骨補てん剤を入れて骨の厚みを確保します。

ディストラクション(仮骨延長) スプリットクレスト(歯槽骨増大法)

骨の幅が不足している場合に行う方法。骨の頂上部から器具を挿入して、骨を横に押し広げて幅を確保します。

スプリットクレスト(歯槽骨増大法) ディストラクション(仮骨延長)

骨の高さが不足している場合に行う方法。垂直方向に稼働するインプラントを顎の骨に埋め込むことで、高さを確保します。

ページの先頭へ戻る