インプラント治療の流れ

  • 優ビル歯科医院
  • 上志津中央歯科

カウンセリングから手術~メインテナンスまで

STEP 01. 検査

まずは患者様のお悩みや治療へのご要望などをじっくり伺います。その後、口腔内写真やレントゲン、CT撮影、スタディモデル(口腔内模型)の作製を行い、インプラント治療に必要なデータを収集します。

STEP 02. 口腔内診査

虫歯・歯周病の有無を確認し、咬み合わせチェックなども行います(虫歯や歯周病にかかっている場合には、事前にそちらの治療を行います)。さらに人工歯作製のために、歯型の採取や装着する位置なども確認します。

STEP 03. コンサルテーション(カウンセリング)

検査結果によって診断を行い、患者様のご要望をふまえて治療計画を立てます。インプラント治療には患者様の納得が大切ですので、ご不明な点や疑問などがありましたら、お気軽にご相談ください。

STEP 04. 手術

抜歯即時埋入インプラント 通常

インプラント治療の対象となる歯を抜きます。そして、抜歯によって開いた顎の骨の穴に、フィクスチャー(インプラントの根の部分)を埋め込みます。最後に、フィクスチャーを歯肉で覆い、縫合します。

事前に抜歯を行っている場合は、傷口が治癒するのを待ってインプラント手術に入ります。

骨との結合を待ちます。

治癒が確認できたら局所麻酔のうえ歯肉を切開して顎の骨を露出させ、フィクスチャーと同じ長さ・太さの穴を開け、埋め込みます。最後にフィクスチャーを歯肉で覆い、縫合します。

骨との結合が確認できたら、再び歯肉を切開し、アバットメント(人工歯との連結部分)を装着し、インプラントの頭部を露出させます。

骨との結合を待ちます。

再び、傷口が治癒するのを待ちます。

骨との結合が確認できたら、再び歯肉を切開し、アバットメント(人工歯との連結部分)を装着し、インプラントの頭部を露出させます。

治癒期間を経て、咬み合わせを調整しながら、人工歯を装着して完了です。

再び、傷口が治癒するのを待ちます。

治癒期間を経て、咬み合わせを調整しながら、人工歯を装着して完了です。

手術後およそ3~4ヶ月後治療完了

STEP 05. 食事指導

 

治療が完了したといっても、傷はまだ完全に回復していないので、食生活に気を遣う必要があります。術後2~3日程度は硬いものをあまり食べない(総インプラントの場合は2週間程度)、最低1週間は糖分やアルコールの摂取を控えめにするなど、食事についてのアドバイスを行います。

STEP 06. 定期検診

 

インプラントを快適に使い続けるためには、治療後のメインテナンスが欠かせません。ご自宅での毎日のブラッシングに加え、歯科医院での定期検診を欠かさずに受けましょう。

症例、治療実績はこちらからご覧いただけます。